【水泳のクイックターン】手順と初心者向け練習方法(コツ)

水泳を始めて、クロールである程度の距離を泳げるようになると、今まで行っていたタッチターンからクイックターンへの展開が必要となってきます。

でもこのクイックターンがなかなか思うように行かず、困っている人も多いと思います。

この記事では初心者向けにクイックターンの手順とその練習方法、そして上手にクイックターンができるコツについて解説して行きたいと思います。

クイックターンは背泳ぎでも基本同じ方法です。一日も早く競技会で実践できるようにタッチターンから果敢にクイックターンにトライして新しい練習の展開をスタートさせましょう。

 そしてまた、初心者においても、クイックターンの取り組みは泳ぐだけの単調な練習にインパクトを与え、水泳がとても楽しくなって来るに違いありません。さあ、クイックターンをして優雅に泳ぎましょう・・・!

いしはら
こんにちは!

けんこう水泳運営者の石原(@T.ishihara)です。


1 水泳クイックターンの手順

クイックターンは水泳競技種目、自由形(クロール)で行われる素早いターンの方法です。

タッチターンに比べターンに要する時間が短縮できるテクニックです。

タッチターンでは手で壁にタッチをして方向転換をし、さらに壁を蹴って泳ぎ出さなければなりませんが、クイックターンは壁にタッチするのは蹴る足だけですからタイム差は歴然としています。

このクイックターンの手順を説明するためにはまず、このターンの方法をしっかりとイメージに焼き付けておく必要があります。このイメージを育てるために有効な動画を以下に示しますのでご覧いただきイメージトレーニングをして欲しいと思います。

クイックターンは方法転換をすると同時にとんぼ返りした仰向け姿勢をうつ伏せ姿勢にひねる動作を同時にやらなければなりません。言い換えれば半回転半ひねりのターンということになります。

クイックターンの手順は以下のとおりとなりますので、動画を参考にご覧ください。

クイックターンの手順

・ターン前、最後の一かきで気をつけの姿勢をとる

・顎を引く動作と両手で水を押し上げる動作で素早い回転をする

・回転後半上体は水平を維持

・壁を蹴り素早く水中姿勢をとる

・バタ足・ドルフィンキックで加速して浮き上がる

2 初心者のための練習方法

初心者のためのクイックターン練習方法方法を次の動画で紹介します。

いかがでしたでしょうか!練習のポイント、そしてそのコツを解説していきます。

素早い回転

プールを歩きながらタイミングをとって水中でのとんぼ返りをやってみましょう。

二、三歩反動をつけ床を蹴って水中姿勢をとります。クロールの左右一回ずつストロークを行い気を付けの姿勢となります。

ポイント
次に顎を引く動作の勢いと気を付けの姿勢から両手の手のひらで水を耳の後ろに追いやる勢いのダブルアクションで素早く1回転します。

うまく回転でき立ち上がれたら、またこの回転を繰り返すという練習を行いましょう。

「顎を引く・両手で水を押し上げる」この動作が素早い回転をするコツですからしっかりマスターしましょう。

仰向けのまま壁を蹴る

素早い回転ができるようになれば次の段階に入りましょう。

ターン前5メートル位置から床を蹴り水中姿勢、クロールの左右1回のストローク後気を付けの姿勢で丁度良いクイックターンのタイミングとなると思います。

ポイント
素早い回転で仰向けの水中姿勢となります。両腕で水をかきあがた両腕は素早く進行方向を向いています。そのまま壁を蹴ります。

壁を蹴った後身体をひねりながらうつ伏せで浮き上がります。

大切なポイントはしっかりと壁を蹴ることが最大のコツです。回転する位置と壁を蹴る強さがが最大になるように回転する位置を練習で見つけましょう。

少しひねって壁を蹴る

次にターン前クロールの左右それぞれ2ストロークできるくらいの距離をとってスタートしてクイックターンをやってみましょう。

先ほどよりもスピードがありますからスピードを回転に生かすイメージです。

ポイント
イメージ的には横向きに蹴る感じです。このように少しひねると壁を蹴って浮き上がりの水中姿勢がスムーズで抵抗が少なくスピードに乗れます。少し高度になりますが練習を重ねましょう。

壁を蹴る初速度を失速させない

浮き上がりにはドルフィンキックやバタ足を強く打って加速して浮き上がりましょう。

ここでは何と言っても壁を蹴る距離感です。ご自身の最大のパワーが出る回転の場所を会得することが最大のコツとなります。

【水泳初心者向けクロールの泳ぎ方】楽しく上手になる3つのコツ

2019.09.28

3 より上手なクイックターンのコツ

クイックターンの手順と練習方法について、ここまで解説をしてきましたが何と言ってもターンに要する時間を少しでも短縮して失速することなく上手にターンを完了したい所です。どうすればより上手にできるか述べていきたいと思います。

ポイント
・失速することなくターンに入る

・小さく素早い回転

・加速して浮き上がる

失速することなくターンに入る

ターン前ではターンに対する一抹の不安からどうしてもスピードが遅くなります。練習を重ねてターン前では逆にスピードを上げてターンに入るくらいの心構えていて欲しいと思います。

レースで差が出るのはスタートとターンと言われるほどターンは重要です。

そのためにはターンに入る位置を身体で覚えておくことが大切です。泳いでいる間にいかにピッチやストロークに変化があろうとターンタイミングがぴったり合うように練習するのがベストですがそう上手くいきません。

ポイント
先ほど述べたような気を付け姿勢をとっている猶予は無いわけで、最後のストロークで回転に入るのですが、その時にターンの誘導につながるコツは小さなドルフィンキックが有効です。

バタ足からのターン回転に入るのは無理があります。最後のキックは軽いドルフィンキックを打って回転に入りましょう。

小さく素早い回転

それからターン回転は小さく素早くがポイントです。膝や太ももを大きく水面上に出してターンをしている人を見かけますが出来るだけ小さく流れるようにスムーズなターンを心がけましょう。

ポイント
そのためには顎を引くと同時に膝を抱え太ももとお腹がくっ付くようなイメージで頭が深くならないように回転するのがコツです。

いしはら
そして壁を蹴る時に少しひねって横向きに蹴るのが効果的なのですが、私の場合は仰向けで蹴った方がパワーが大きく、タイムロスも少ないので仰向けのまま壁を蹴っています。

これも個人差があると思います。ご自身の一番タイミングがあう方法を見つけることが大切です。ご自身のイメージにあうコツが見出せると思います。

加速して浮き上がる

一般的に浮き上がりはドルフィンキックを使います。そして潜水距離は15mとルールで定められているので浮き上がりには気を付けましょう。

ポイント
加速して浮きがある最大のコツはターン前に最大スピードでターンに突入するのことが大切です。スピードに乗ったターンはより素早いターンと素早い浮き上がりにつながりますのでターンまで失速しないように心がけてください。

ここで加速して浮き上がる練習を紹介すると、それは壁なしクイックターンです。

いしはら
これは壁の無いところでクイックターンをして壁を蹴る初速なしにドルフィンキックだけで浮き上がる練習です。これはとても有効ですので一度試してみて欲しいと思います。少し苦しい練習ですが、これをしておくと通常の壁があるときのクイックターンでの浮き上がりパワーが見違えるようにが向上します。

【水泳初心者向け背泳ぎの泳ぎ方】誤解解消上手になる5つのコツ

2019.09.28

4 全く初心者のクイックターン

今までところはクロールでかなりの距離を泳げ、タッチターンをしていた人を対象に解説をしてきましたがここでは子供さんや全くの初心者がクイックターンをする場合のポイントを述べておきたいと思います。

ポイント
・ターン中は鼻から息を履き続ける

・目を決して閉じない

・慌てない

プールで初めてとんぼ返りをするとにはコースロープを持ってクルッと回ってみましょう。子供さんの場合には父兄さんが補助して回してやってください。

でも以下の点について気を付けましょう。

呼吸を止めない

子供さんや初心者が水中でとんぼ返りをするのは初めての経験ですから、大きな恐怖感が伴います。コースロープを持って回転するとか、補助者がそばにいて回転させてあげるなどの配慮が必要です。

そこで大切なことは呼吸を止めないことです。呼吸を止めれば鼻から水が入って非常に苦しく、子供さんの場合はトラウマとなる場合もありますから、鼻から息を吐き出し続けることが重要です。

目を閉じない

ゴーグルをしていても恐怖心から目を閉じてしまいます。目を閉じれば方向感がなくなり危険であると同時に何をしているか分からなくなってしまいますので

目は絶対に閉じないように気を付けましょう。

慌てない

そして慌てないことです。

初めて水中で一回転するのに慌てないというのはどだい無理なことですが、慌てず回転ができるように何度も回転を練習しましょう。

そしてなれてくれば1章で解説したような二三歩歩いてとんぼ返りをする練習につなげていけばスムーズにクイックターンを会得できるでしょう。

【水泳中のターン】なぜ鼻に水が入るのか(対処法・テクニック)

2019.10.15

5 まとめ

自由形の競技を見ていると、ターンは素早くて目にも止まらない感じです。そして水中カメラで捉えたクイックターンのシーンは本当に美しく見事にターンしている光景を目にします。

クイックターンやタッチターンと比べて疲労度が高く練習時間中全てのターンをクイックターンで行うのは難しいとは思いますが、早くこのクイックターンに慣れて欲しいと思います。

クイックターンのコツをまとめておきましょう。

まとめ

・ターンに入る距離感とスピード

・素早いターンは姿勢と両手の動きで回転加速をあげる

・浮き上がりはドルフィンキックで加速

クイックターンが苦しいというのはまだまだ練習不足と言わざるを得ません。泳いでいる状態とクイックターンが一体となってこそクイックターンの完成形だと思います。

この記事ではこのクイックターンの練習方法やコツについて詳しく解説をいたしました。どうぞこれからの練習に生かして欲しいと思います。

そしてここで知ったコツを生かして背泳ぎのクイックターンや個人メドレー背泳ぎから平泳ぎへのバケットターンに生かして行って欲しいと思います。

これでこの記事は以上とさせていただきます。最後までお付き合いをいただき心から感謝しています。

 

なお以下の記事も興味深い内容となっていますのでご一読いただければ幸いです。

【水泳におけるタッチターンの意義】具体的手順と練習方法!

2019.10.27